進研ゼミ Z会

進研ゼミとZ会を比較してみて・・・

進研ゼミZ会の比較の中で、一番強く思うことは、進研ゼミは、やはり問題の量からして勉強の習慣をつけることを目的とする場合に最適だと思います。勉強のやり方がわからなかったり、何から手につけたらよいのかわからない、というタイプの子供が学ぶには、かなりわかりやすいと思います。勉強を習慣付けることを課題に取り組んでいこうと思う人は断然進研ゼミが良いと思います。
Z会のほうは、問題量、難易度共に日常学習のメインとしては少しレベルが高いという印象を受けます。中途半端な意志ではその月の教材をその月の間に終わらせることは難しいと思います。ある程度、勉強の習慣がついている方でないとやっぱり活用は難しいかな、と思います。大学受験でもZ会は難しく、また厳しいことで有名ですよね。
進研ゼミとZ会の比較の中で、優劣はもちろんなく、いかに自分に合っているかを見極めることが大事ですよね。背伸びしても学習が身につかなかったら意味がないし、学力を伸ばして行こうと思うなら、少々高いハードルでもクリアしなければならないだろうし、その子によって全く違う選択があって当然だと思います。

進研ゼミ 漫画

進研ゼミと漫画「ドラゴン桜」

進研ゼミのサイトでも、以前話題になった受験漫画「ドラゴン桜」を紹介しています。

「ドラゴン桜」は、弁護士の主人公・桜木建二が、落ちこぼれ高校に赴任して100名の東大合格者を出そうというストーリーですが、この漫画の中には、進研ゼミでも注目する様々な合格ノウハウがギッシリと詰められているのです。

漫画の中では、コーチング理論から発達心理学、最新の受験情報まで、良くここまで調べあげたなと思うような専門知識が紹介されています。

この漫画は、どちらかというと受験生に見せるよりも、進研ゼミなどを子供にさせている親こそに見て欲しいものですね。

東大に子供を入れるためには、単なる詰め込み式のガリ勉ではダメで、子供を東大に入れた親たちの体験談をいくつも見ていくと、成功法則が何となく見えてきます。

今の自分と照らし合わせることで、これから子供達とどう学んでいくかがわかるかもしれません。

進研ゼミでは、学習に漫画を利用するということは以前からやっていますが、「ドラゴン桜」は受験生の親にとっての教材とも言えますね。

進研ゼミ 赤ペン先生

進研ゼミ 赤ペン先生の仕事の仕組み

進研ゼミの赤ペン先生って、どんな仕組みになっているのだろうと興味があったので調べてみました。
●小学1年生〜6年生のうち、その年度ごとに1学年を担当します。
●1年間同じ子ども(会員)を担当します。
● 算数と国語の2教科の答案添削指導です。
● 添削指導は自宅にて手書きで行いますが、簡単な入力をしたり、会社からの連絡事項を確認するなど、業務の一部で自宅のパソコンを使います。
● 週2回、決まった曜日、時間帯に地域のグループリーダー宅にて答案の受け渡しを行います。
赤ペン先生にはグループ制があります。
● 答案の受け渡しや連絡事項の共有のために、地域ごとに「グループ」があります。
● 赤ペン先生はいずれかの「グループ」に所属し、週2回グループリーダー(赤ペン先生)宅に通います。
● グループリーダー宅では、週2回以下のことを行います。
・答案の受け渡し…添削指導した答案を納品し、新しい答案を受け取る。
・会社からの連絡事項の確認や情報共有をする。
● 答案の受け渡し以外に、赤ペン先生同士での情報共有や相談もできる場です。
赤ペン先生の募集も良く見られますが、模擬試験に合格しないと赤ペン先生になることはできないそうです。在宅でやりがいのある仕事をしたいと思う人には最適の仕事ではないでしょうか。

進研ゼミ マナビジョン

進研ゼミ マナビジョンに登録しよう!

ベネッセ 進研ゼミ「マナビジョン」に登録すると使える役立ちコーナーを紹介しましょう。
ベネッセの模試・・・「進研模試」「スタディーサポート」などベネッセの学校実施の"模試”に連動。マナビジョン登録すれば、先輩のアドバイスの全てやシミュレーション機能が使えます。
気になる職業・・・ 気になる職業を登録すれば、その職業を登録しているみんなの”気になる大学”のランキングを地域別に見ることができます。
気になる学問・・・気になる学問を登録すれば、その学問を登録しているみんなの”気になる大学”のランキングを地域別に見ることができます。
気になる大学・・・気になる大学を登録すれば、その大学の情報が更新された時に、メールなどでお知らせされます。さらに、その大学を志望するみんなの他の”気になる大学”や、オススメ勉強法を見ることができます。
大学選びのお助けレポート・・・「大学・学部選びお助けレポート」「学科選びお助けレポート」ともに、現役大学生だから書けるホントのところがわかるレポートを見ることができます。
職業情報レポート・・・約150職種について、実際にその職業についてついている先輩からのナマ情報が入ったレポートを見ることができます。
先輩のオススメ勉強法・・・大学に合格した先輩たちの約4,700件の入試対策法、授業対策・定期テスト対策法を科目・シーンから検索。気に入ったものをマイページに登録できます。
その他にも、先輩の進路選び体験記や、大学への質問と回答など、直接匿名で聞くことができます。直接回答をくれるので、安心ですね!
ぜひ、マナビジョンに登録しましょう!

進研ゼミ 高校講座

進研ゼミ高校講座 定期テスト対策教材

進研ゼミ高校講座、定期テスト対策ができるシステムがあるのを知っていますか?
定期テストが終わって、「以前とは比べ物にならないほど、試験問題が難しかった」「範囲が広くて終わらなかった」「成績が下がった」など、いろいろ思うところがあるかと思います。
確かに高校に入ると、科目も増え、範囲は広がるので授業の進みも早くなります。また、授業の内容も難しくなりますね。でもそんなことは言っていられません。次は同じ後悔をしないように、思い立ったら定期テスト対策を始めましょう。テストの結果がでてから、
「時間がなかった」「時間切れだった」という後悔ではなく、次は結果がくるのが楽しみになるような定期テスト対策をしなくてはなりませんよね。まずは、今までの定期テストに向けた勉強を振り返ってみることが必要だと思います。冷静に振り返ると、
「試験範囲を振り返っただけなので、単語や細かい年号が覚え切れなかった…」「暗記ばかりやってたら、演習問題が解けなかった…」などなど色々な原因が見えてくるものです。しかし、原因がわかれば対策は立てやすいものです。「どうにかしたい」ポイントはどこにあるのか良く考えて、それを克服する努力をしなくてはいけませんよね。克服するために、進研ゼミ高校講座定期テスト対策教材、サービスを利用することをぜひお奨めします!

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。