進研ゼミ@添削式の通信教育! > 進研ゼミ 赤ペン先生 > 進研ゼミ 赤ペン先生って?

進研ゼミ 赤ペン先生

進研ゼミ 赤ペン先生って?

進研ゼミといえば、何といっても赤ペン先生。昔から「赤ペン先生」の名前で有名ですよね。毎月子供たちが送る模擬テストを採点・指導して送り返してくれる先生なのです。超難関の試験を突破した人だけがなれる、ベネッセの資産とも言える赤ペン先生は、その数18000人にものぼるそうです。ベネッセ社員の9倍にも上ります。
毎回違う赤ペン先生がその都度対応するのではなく、生徒1人に対し1年間の担任制をとっています。何人の生徒を担当しているかは赤ペン先生のトップシークレットだとか!ここで、ちょっとだけ採点を見せてもらうと…赤ペン先生専用の万年筆を使っていました。字の美しさも、赤ペン先生の売りの一つなのだそうです。的確なアドバイスは当たり前のことで、「もう一息だね!」などといった、最後に書き加える一言が重要なんだそうです。赤ペン先生になるためには模擬試験もあり、応対が優しい人を採用しているということで、誰もがなれるものではなく、とても狭き門だそうですね。

<<進研ゼミチャレンジネットで受験の情報を得る! | 進研ゼミ@添削式の通信教育!トップへ | 進研ゼミ Z会の情報量の比較>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。