進研ゼミ@添削式の通信教育! > 進研ゼミ Z会 > 進研ゼミとZ会の比較

進研ゼミ Z会

進研ゼミとZ会の比較

日本を代表する2つの添削教材、Z会進研ゼミ。両者の存在は誰もが知っています。しかし、これらの教材がどのような違いがあり、どちらを選んだらよいのか、迷う人は多いと思います。

毎月届けられる問題の質や量を比較してみますと、Z会では、 登録コースにもよりますが、質の良い、やや難しい問題が届けられる気がします。公立中学校で行われる授業の1ランク上のような感じでしょうか。学校の問題だけでは物足りない、そんな方にはうってつけです。
量の比較ですが、講義、練習問題、添削の三段構成で、5科目の場合、気を抜くと、一ヶ月で終わらないほどの問題量があります。サボると添削がどんどんたまってしまった人が多いようです。

それに比べて、進研ゼミは、 絵や図が多くちょっと物足りない気がします。授業対策の方は若干質が低く、高度な知識を要する難問というのはほとんどありません。受験対策の方が過去の入試問題から抜き出しているだけあって質はそこそこ高いようです。
量的には、授業対策の方は明らかに量が少ないです。集中すれば3時間で1ヶ月分が終わるような量です。受験対策の方もやや少なく感じます。

無理なく、自分のペースで基礎学力を身につけたい方は進研ゼミ、
ワンラク上のクオリティーを求めるのならZ会が良いと思います。

<<進研ゼミ Z会の情報量の比較 | 進研ゼミ@添削式の通信教育!トップへ | 進研ゼミ中学生講座で成績アップ!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。